爪水虫治療でレーザー治療を行った場合のメリットとデメリット

水虫ははくせん菌という菌に感染した状態です。一度感染すると自然治癒は難しいです。

 

特に爪水虫の場合、菌が爪に感染しており普通の水虫以上に治療に時間がかかりますし、周りの人に感染しやすいという点でも普通の水虫よりやっかいです。

 

爪水虫の治療方法は、飲み薬・塗り薬・レーザーの3種類があります。治療方法では人それぞれもありますが、症状の軽度や重度によっても様々です。3種類の治療方法でのメリットやデメリットを徹底的に分析して調べてみましたので、ご参考になれば幸いです。

 

爪水虫の治療期間を少しでも早く終わらせる方法とは?

もっとも皆さんが困っているのが、市販で販売されている爪水虫専用の薬が販売していないことですよね!水虫用の塗り薬はどこのドラッグストアでも売っているのですが、水虫用の薬の説明書には爪水虫にも効果があると記載されていますが、なかなか効果を期待できないですし、試した方はお分かりのようにほぼ効果がありません。

 

ここ近年様々な対策品が出始めていて爪水虫の塗り薬で効果を発揮するものと言えば、爪の中にしっかりと薬が浸透するクレナフィンやクリアネイルショットが最近では有名で、効果もかなり期待できるものです^^

 

ただ爪水虫の治療にはかなりの期間が必要になり、完治しやすい方法の爪水虫対策としレーザー治療も話題になってきています。効果期間を調べてみましたのでご参考にしてみてください。

 

爪水虫の治療期間とは?

市販の薬はほとんどが足水虫のためのものであるため、病院で飲み薬を処方してもらい最低でも6ヶ月以上は服用を続けなければなりません。ただ、その薬は肝臓の機能に異常がある場合、飲むことで副作用が生じる可能性もあり飲めない方もいます。

 

爪水虫の治療方法を比較してみましたのでご参考にしてみてください。

  完治までの期間 治療方法 保険
イトラコナゾール 最低6カ月〜 毎日服用(飲み薬) 可能
テルビナフィン 最低6カ月〜 パルス療法 可能
クレナフィン 最低6カ月〜 塗り薬 可能
クリアネイルショット 最低6カ月〜 塗り薬 不可
レーザー治療 最低6カ月〜 レーザー 不可

 

  通院の頻度 1カ月の薬代 再診料・検査など
イトラコナゾール 6カ月で約3回 10980円 15000円〜
テルビナフィン 6カ月で約6回 5820円 15000円〜
クレナフィン 6カ月で約12回 3600円 30000円〜
クリアネイルショット なし 2970円 なし
レーザー治療 6カ月で約3回 なし 20000円〜60000円

 

このように爪水虫の治療にも数種類がありますが、治療費や治療期間などもさまざまです。

 

爪水虫治療でレーザーをおすすめの方

爪水虫の飲み薬だけでは効果が出てこないという方や塗り薬で毎日のケアが面倒な方などは、簡単で通院も少なく済む治し方としても最近おすすめなのがレーザー治療です。

 

比較表からわかったレーザー治療をおすすめする方とは?
  • 飲み薬の副作用が気になる方
  • 通院などが多く期間が掛かるのが嫌な方
  • 半年で3回ほどの通院で、毎日のケアが面倒な方
  • 金額は高くても短期間で効果を期待している方
  • 爪水虫の症状がかなり重度な方

日本でのレーザー治療のデメリットとしては保険が使えないので完全完治に時間が掛かる方には高額になることもあります。

 

アメリカではすでに認可されている治療法なのですが、日本の厚生労働省はまだ認可していないのです。自費治療となり割高となる点はデメリットですが、重度の爪水虫の方にはレーザーを照射することで原因となるはくせん菌を蒸散・殺菌できるので効果は期待できます。1ヶ月に1回程度で5回から6回。1回に10分から20分程度の治療で治るので時間の面でも節約できます。

 

爪水虫のレーザー治療方法とは?

足の爪とその周りの皮膚にレーザーを当てるだけなので、光から目を守るためにゴーグルを装着するだけです。麻酔なども用いられない手術です。当日中に帰宅できます。副作用の心配もありません。万が一なんらかの副作用が起こったとしても、施術してくれるのは国家資格を持った医師のため的確に対応してもらえる安心感があります。

 

照射したらすぐに治るということはありませんが、少しずつきれいな爪が成長していくのです。爪水虫に感染している場合、爪が分厚くなるとともににごった色になるのです。

 

有効率は飲み薬と同じ程度ですが、薬を飲むことができない人や飲むことによる副作用が心配だという人・他にも何らかの薬を続けているという人はもとより、毎日毎日飲み続けるのは大変だという人におすすめします。皮膚科にもよりますが、2万円から6万円程度は用意しておく必要があります。

 

レーザー治療は高すぎるという方にはクリアネイルショット

爪水虫の治療は、方法は違うけど治り方は綺麗な爪が生えてくるのを待つということが分かりましたが、治療費も様々となってしまいます。

 

爪水虫は治るのか?となってくると思いますが、どの治療法でも完全に完治するというデーターはありませんでした。ただ効果率であったり有効率というのはありますので下記を参考にしてみてください。

 

  有効率 完治率
塗り薬 不明 17.8%(約52週使用)
飲み薬 75〜85%程度 不明
レーザー治療 75〜85%程度 不明


正確と思えるデータがありませんでしたのであくまでも参考値と思ってください。
塗り薬クレナフィンのデータは「国際共同第V相試験」の臨床データを引用しています。

 

飲み薬やレーザーの治療方法の有効率とは完治率とは違いあくまでも有効性があるかないかなので、私の感想としてはかなり低いと感じました。飲み薬の場合は副作用の心配もありますし、レーザーの場合は保険が使えなく相場もかなり高いので、どちらの方法もリスクがあると思いました。

 

リスクなく爪水虫を治療する方法でおすすめなのが、完治率や効果率もある塗り薬タイプがはじめての場合や効果がなかった方におすすめです!

 

塗り薬タイプのクレナフィンとクリアネイルショットの薬代はそこまでの価格差はありませんが、クレナフィンの場合は通院しないと薬を処方することができないので通院費も加算されます。

 

爪水虫の症状が軽度か重度か、他の病気に罹患していないか、飲み薬の場合は他の薬を服用していないか、などによって医師の判断で決めていくことになり治療費が高額になる場合もあります。

 

クリアネイルショットの場合は病院という安心さはありませんが、爪水虫対策のクリームというだけで副作用の心配もなくリスクはありません。

 

どの治療法にもデメリットやリスクはついてきますが、クリアネイルショットは副作用の心配なくリスクなく始めることができる爪水虫対策クリームです。もし効果がないと感じたら「全額返金保証」もありますので低リスク低価格で爪水虫を治していくのであれば一度クリアネイルショットを試してみる価値はあると思います^^

 

 

クリアネイルショットの効果を大公開の記事以外にも下記のページも良く読まれています